Philosophy企業理念・経営方針

CSR

  • 2019.02.07.

    Winning a YUSEN Volunteer Point System MVP

    As part of our volunteering efforts, we have for some time been donating extended envelopes to the Japan Braille Library. These envelopes are made by our employees from old nautical charts.

    We gained recognition for such efforts and received an MVP award in the group division of the Fiscal 2018 YUSEN Volunteer Point System.

    The YUSEN Volunteer Point System is an annual program where volunteer activities carried out internally and externally by NYK Group employees are recorded as points and those points are converted into money, which will be donated to NPOs by NYK Line.

    This commendation especially recognized our employees’ high participation rate in volunteering activities.

    This award encourages us to promote our social contribution efforts.

    Winners’ group photo
    (President Kazuyuki Suzuki second from right)
    Trophy and certificate
  • 2019.02.07.

    YUSENボランティア・ポイント MVP表彰について

    当社はボランティア活動への取り組みとして、かねてより、海図を再利用したマチ付封筒を作成し、社会福祉法人日本点字図書館への寄付を行っております。

    そうした当社の取り組みが評価され、2018年度YUSENボランティア・ポイント表彰式にて、団体部門MVP表彰を受けました。

    YUSENボランティア・ポイントとは、NYKグループ社員が社内外で行うボランティア活動をポイントとして登録、貯まったポイントを金額に換算し、日本郵船(株)より社会貢献活動団体へ寄付を行う制度です。

    今回の表彰は、特にボランティアへの社員参加率が高いことが評価されたものです。

    今回の表彰を励みに、これからも社会貢献に取り組んで参ります。

    表彰者集合写真
    (右から二人目が当社社長鈴木 一行)
    トロフィーと表彰状
  • 2016.12.14.

    Participation in Volunteer Activities at the “11th Sight World”

    As part of our CSR activities, we participated as volunteer guides in “Sight World,” a comprehensive event for the visually impaired, held on Thursday, November 3, 2016.

    “Sight World” is a comprehensive event that includes displays of state-of-the-art technologies, equipment, commodities, and other products for visually impaired people and also hosts support group meetings, symposiums, and experience sessions.

    Our staff participated in the event as volunteer guides, directing visitors through the venue.

    [Sight World]
    http://www.sight-world.com/

    We will continue our efforts to contribute to society with what we can do.

    (Bulletin board in the waiting room for volunteers – free space for posting opinions and comments)
  • 2016.12.14.

    「第11回サイトワールド」ボランティア参加

    当社はCSR活動の一環として、2016年11月3日木曜日に開催された視覚障碍者向けの総合イベント「サイトワールド」にガイドボランティアとして参加しました。

    「サイトワールド」は、視覚に障碍を抱えた方々に向けて最先端の技術・機器や日用品などの展示、さらには後援会・シンポジウム・体験会などを開催する総合イベントです。

    当社職員はこのイベントにガイドボランティアとして参加し、来場者の会場内での案内を担当しました。

    [サイトワールド]
    http://www.sight-world.com/

    これからも当社として出来る社会貢献に取り組んで参ります。

    (ボランティア控室内にあった掲示板 – 意見・感想を自由に書き込める)
  • 2016.10.25.

    Great East Japan Earthquake Support Activities

    We extend our condolences to all who suffered as a result of the Great East Japan Earthquake.

    As a member of the Mitsubishi Corporation Group, we took part in reconstruction assistance volunteer activities in order to contribute in whatever way we could to the recovery of the disaster-stricken area. (September 29 to October 1, 2016)

    These activities consisted of participating in the Fukushima Winery Project by removing leaves from apple trees in order to improve apple colors. The Fukushima Winery Project is aimed at further restoration of agriculture in Fukushima by creating a new model integrating primary, secondary, and tertiary industries through the making of wines and liqueurs from fruit grown in Fukushima (peaches, apples, pears, and grapes).

    We will continue our efforts to contribute to society.

    (Group photo of reconstruction assistance volunteers)
  • 2016.10.25.

    東日本大震災に対する支援について

    東日本大震災で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

    さて、当社は、被災地の復興に少しでも役立つことを目指し、三菱商事グループの一員として復興支援ボランティアに参加して参りました。(2016年9月29日~10月1日)

    今回の活動は、ふくしまワイナリープロジェクト(福島における農業の更なる復興を目的に、福島産の果実(桃、りんご、なし、ぶどう)を使用したワイン、リキュールの製造を通じて新たな6次産業化モデルを構築する事業)のお手伝いとして、りんごの色付けのために葉を取り除く作業を行いました。

    これからも当社として出来る社会貢献に取り組んで参ります。

    (復興ボランティア参加者集合写真)
  • 2016.07.04.

    Listing of MOT in the Japan Braille Library’s “Record of Gratitude”

    In support of the Japan Braille Library’s activities, Mitsubishi Ore Transport Co., Ltd volunteers make expanding envelopes by reusing nautical charts.

    MOT was listed as a volunteer partner in the Japan Braille Library’s annual “Record of Gratitude” for the past fiscal year.

    [Japan Braille Library]
    http://www.nittento.or.jp/en/index.html

    We will continue our volunteer activities, doing what we can to serve the community.

  • 2016.07.04.

    日本点字図書館「感謝録」への当社掲載について

    当社は、社会福祉法人日本点字図書館の活動に賛同し、海図等を再利用したマチ付封筒を作成するボランティアを行っております。

    この度、本館が毎年発行している「感謝録」にボランティア協力会社として当社が掲載されました。

    [日本点字図書館「感謝録」PDFファイル]
    http://www.nittento.or.jp/images/pdf/support/gratitude2016.pdf

    [日本点字図書館「感謝録」ページ]
    http://www.nittento.or.jp/support/gratitude.html

    引き続きボランティアを継続し、当社ができる事に取り組んでまいります。

  • 2016.04.28.

    MOT Pledges Support for People Affected by Kumamoto Earthquake

    Mitsubishi Ore Transport Co., Ltd shows its condolences to the victim of this tragedy while offering its sincerest sympathy to residents of the disaster-stricken area.
    We will be making a donation for supporting and rescuing the affected people with the charity by members of the MOT.

    MOT hopes a quick recovery of the area.

  • 2016.04.28.

    平成28年熊本地震の被災者・被災地に対する支援について

    このたびの熊本地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
    当社は、被災者の救援および復興に役立てていただくため、社員の募金と併せ、被災地に寄付を致しました。
    被災地の一日も早い復興を心からお祈りします。

  • 2016.03.28.

    Hosting Family Day

    Aiming at “a comfortable and family-friendly workplace” from the perspective of work-life balance, we hosted a “Family Day” event at the office, where we entertained visitors from our employees’ families, the people who support them every day.

    On that day, 13 people from six employees’ families participated in the event. They met and greeted those employees’ coworkers and supervisors, exchanging cards with executives, joining in a stamp rally, and taking quizzes. We held an exhibition on our corporate history and the maritime industry in general to provide a chance to deepen the families’ understanding of the company and the industry.

    We will continue to strive to “improve our employees’ work-life-balance awareness” and to provide “a comfortable, family-friendly workplace.”

    An exhibition on the maritime indsutry, etc. (left), A visitor taking a quiz (Right)
  • 2016.03.28.

    ファミリーデー開催

    当社は、ワークライフバランスの一環として、「働きやすい・家族を大切にする職場」を目指し、日々従業員を支えている家族に当社オフィスを見学してもらう「ファミリーデー」を開催いたしました。
    当日は、6組、13名の家族がファミリーデーに参加し、役職員との名刺交換やスタンプラリー、クイズを通し、一緒に働いている上司、同僚と交流をしました。
    また、当社の歴史や海運業全般に関する展示も行い、当社並びに業界についての理解を深めてもらう機会を設けました。
    今後も従業員の「ワークライフバランスへの意識向上」と「働きやすい・家族を大切にする職場」を目指してまいります。

    海運業界等の展示(左)、クイズ回答風景(右)
  • 2015.12.25.

    Start of in-house volunteer program (assembly of expanding envelopes)

    As part of our collaborative efforts in support of the activities of the Japan Braille Library we started an employee volunteer program of making expanding envelopes from nautical charts which were no longer being used.

    During their lunch breaks, 13 volunteers took part in the program and made over 30 envelopes.

    These envelopes were delivered to the Japan Braille Library for use in the mailing of products for people with visual impairments. As a member of society we will continue to do what we can to serve the community.

    (Making expanding envelopes from nautical charts)
  • 2015.12.25.

    社内ボランティア 開始( マチ付封筒の作成)

    当社は、社会福祉法人日本点字図書館の活動に賛同し、その協力の一環として、使われなくなった海図を利用してマチ付封筒作成の社内ボランティアを始めました。
    お昼休みを利用し、13人が参加し、約30枚ほどの封筒を作成する事ができました。
    できあがった封筒は日本点字図書館に納品し、視覚障害者用具等の郵送用封筒として使用されます。
    引き続き社会の一員とし、当社ができる事に取り組んでまいります。

    (海図を使用したマチ付封筒作成)
  • 2015.12.08.

    Information session on the activities of the Japan Braille Library

    As part of our CSR activities, we invited staff from the Japan Braille Library to present their activities to our employees. The Japan Braille Library is a social welfare corporation which produces braille and talking books and lends them free of charge.

    At the session, the staff explained their operations and history, and had us wear eye masks to experience what total blindness is like.

    As a member of society we will continue to create opportunities for greater awareness-raising.

    (Simulation of total blindness using eye masks)
  • 2015.12.08.

    日本点字図書館活動内容説明会開催について

    当社は、CSR活動の一環として、日本点字図書館の職員の方に来ていただき、その活動の説明会を開催しました。日本点字図書館は点字図書・録音図書の製作、無償貸出等を行っている社会福祉法人です。
    説明会では、業務内容や歴史についての話もあり、またアイマスクを使用した全盲模擬体験が行われました。
    今後も当社は、社会の一員として知見を広める機会をもうけてまいります。

    (アイマスクを使用した全盲疑似体験の様子)
  • 2012.08.24.

    Our grants for The Mitsubishi Foundation

    We grant the subsidy for The Mitsubishi Foundation which has been established for the purpose of improving science, education, culture and welfare of Japanese society.

    In grant form that foundation, many cultural winner including two Nobel Prize.

    As a member of the Mitsubishi Group, we will continue to contribute to our society.

  • 2012.08.24.

    公益財団法人三菱財団への研究助成について

    当社は日本社会の学術、教育、文化ならびに福祉の向上を目的として設立された「公益財団法人三菱財団」へ支援を行っております。
    三菱財団の助成者からは、ノーベル賞受賞者2名を含む多数の文化勲章受賞者・文化功労者が輩出されております。
    三菱グループの一員として、所期奉公の理念を大切にし、今後も社会に貢献してまいります。

  • 2012.06.01.

    Aid for Tohoku

    Our condolences go to all those who have suffered as a result of the Great East Japan Earthquake.

    In order to provide whatever assistance we can to the recovery of the disaster-struck region, we have participated in recovery support volunteer activities as a member of the Mitsubishi Corporation.

    Furthermore, we have done what we can by donating relief funds, joined by employees donating as individuals.

    東日本大震災に対する支援について
  • 2012.06.01.

    東日本大震災に対する支援について

    この度の東日本大震災で被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
    さて、当社は、被災地の復興に少しでも役立つことを目指し、三菱商事グループの一員として復興支援ボランティアに参加して参りました。
    また、社員と会社による義捐金の拠出など、小さな支援ではありますが当社として出来ることに取り組んでおります。

    東日本大震災に対する支援について
    (三菱商事・三菱商事グループの皆さまと 当社社員:中央右から4人目)