三菱鉱石輸送株式会社

沿革

1959年 1月 チリ国アタカマ鉄鉱石を、八幡製鉄(株)(現新日鐵住金(株))向けに輸送するため、
三菱商事(株)、三菱鉱業(株)(現三菱マテリアル(株))、三菱海運(株)、八幡製鉄(株)(現新日鐵住金(株))、
三菱造船(株)(現三菱重工業(株))、東京海上火災保険(株)(現東京海上日動火災保険(株))の共同出資により「千代田鉱石輸送株式会社」設立
資本金2億円
1960年  7月 当社第1船鉱石専用船「さんたるしあ丸」竣工
1962年  6月 資本金を5億円に増資
1964年  3月 「三菱鉱石輸送株式会社」に社名変更
三菱海運、三菱鉱業より海陸従業員の移籍を受け、外航海運会社として自立
1969年  5月 日本郵船(株)資本参加
1970年  5月 資本金7億5千万円に増資
 10月 当社初のパナマックス型撒積船「さんたもにか丸」建造
1977年  8月 当社初の自動車専用船「ねぷちゅーんだいやもんど」竣工
1981年  3月 計画造船による第1船「さんたびとりあ丸」竣工
1982年  3月 資本金を15億円に倍額増資
1995年  12月 ISMコードに基づくDOC(船舶管理に係る適合証書)を取得
1996年  3月 当社初のチップ運搬船「FOREST KISHU」竣工
 7月 当社初のケープサイズ撒積船「SANTA ISABEL」竣工
2002年  7月 長期船隊整備計画に着手
 12月  「SANTA ISABEL」代替船D/W 177,000M/T ケープサイズ撒積船発注
2003年  9月 当社初のアフラマックス型タンカー「FUJI SPIRIT」竣工
2004年  2月 長期船隊整備計画に基づく第1船「TORM ANHOLT」竣工
2006年  8月 新日鐵(株)(現新日鐵住金(株))向けケープサイズ撒積船「SANTA LUCIA」竣工
2009年  1月 創立50周年を迎える
2010年  11月 比国マンニング会社Barko International Inc.とのジョイントベンチャーにより、同国に「MOT-BARKO MANILA Inc.」を設立
2011年  6月 新日鐵(株)(現新日鐵住金(株))向けケープサイズ撒積船「SANTA LUCIA」が日本水先人会連合会より「ベストクオリティーシップ2010」に選ばれる。