三菱鉱石輸送株式会社

安全運航・環境保全

安全運航

当社は“貨物の安全輸送”と“環境保全”の達成をモットーに、以下のような活動を地道に続けることにより安全運航の確立に努めております。

 

【1】 SI(Superintendent)の育成

計画的に船舶職員を採用し、船舶運航の現場で経験と知識を身につけた人材の養成に努めています。「海陸一体の船舶管理」を目指すため、これらの船舶職員は将来、船舶管理のスペシャリスト(SI)として、会社や顧客と船舶との間の橋渡し役を担うことになります。

 

img_exa2

【2】 外国人船員の育成

2010年、フィリピン国マニラに当社出資のマンニング会社「MOT-BARKO MANILA, INC.」を設立、日本人駐在員が常駐し、乗船前や休暇中のフィリピン人船員の教育に積極的に取り組んでいます。「人を大事にする船員教育」をモットーとした、当社独自のハイレベルな教育を受けた優秀な船員が、安全運航を達成し、船内雰囲気の融和と士気の向上に貢献しております。

当社の船員教育を受けた乗組員が乗船している、新日本製鐵株式会社向けケープサイズ撒積船「SANTA LUCIA」が、日本水先人会連合会より「ベストクオリティーシップ2010」に選ばれたのも、その成果が表れています。
ペストクオリティーシップ受賞の記事が、広報誌マンスリーみつびしに掲載されました

 

環境保全

船舶を運航するに当たって取り組まなければならない環境保全対策とは、大きく分けて海洋汚染の防止対策と大気汚染の防止対策があります。

当社はこれらに関連する国際条約(国際海洋汚染防止条約)の趣旨を尊重し、船内廃棄物の完全分別収集とその適正な処理、最新の排ガス規制に対応したディーゼルエンジンの搭載など、地球環境の保全に努めております。

また、2004年2月に国際海事機関(IMO)で採択されたバラスト水管理条約への積極的な対応に努めてまいります。